Entries

難しい内容はともかく・・・ユイちゃんを見ると元気になりますね。 (アニメ「Angel Beats!」EPISODE.06「Family Affair」感想)

今回は
「Angel Beats!」の感想を・・・

見たのは
EPISODE.06「Family Affair」ですね。

すごく難しい内容だったと思います。

うまく把握できてない部分も多いですが
ありのまま感想を書いてみたいと思います。





音無達は
天使の代わりに生徒会長の任についた「直井」に
前回のラスト、連行されてしまったようです。

反省室は居心地が悪いようでしたが
無事に全員がそこから出ることができます。


天使がいなくなれば
ゆり達の良い方向に変化すると思っていたようですが
そうはなりませんでした・・

直井が一般生徒(NPC)だとするのならば
今回の行動を理解することができない。

そこで、ゆりは様子を見るために
各自、適当な行動をとるよう指示します。

メンバーの多くが
はちゃめちゃな行動を行います・・・

その中で音無は
天使こと「タチバナ」さんに近づき
一緒にご飯を食べることに・・

しかし、学校の中では
休み時間以外の食事は御法度のようで・・

音無と天使は
直井に反省室へ連行されます。

直井は天使を捕まえるチャンスを
狙っていたようで・・

音無がつかまっている間に
ゆり達と大規模な戦闘に突入してしまったようです。

反省室でうとうとしていた音無は
戦闘音で気がつき、
どうしてもここから出なければいけないと考えます。

ゆりよりレシーバーをもらっていた音無でしたが
連絡として使用することはできず・・

ゆりから一方的な通信のみ聞くことができました。
そこで彼女から今回の事の詳細を聞かされます。

・直井は一般生徒ではなく、ゆり達と同じ人間であるということ。
・人間が模範行動をすると消滅するが、直井はそれを回避するための裏で行動をとっていたこと
・天使がいなくなり、自由を手に入れた直井は積極的な行動に乗り出したこと
・彼を止めるためには天使の力が必要なのだと・・

そして、ゆりからは
天使は音無と一緒にいるはずだから
連れてきてほしい・・・と・・・


天使の力を借り
反省室から脱出することのできた音無は
天使を連れて、ゆり達の元へ・・

彼らが辿り着くと
仲間の多くが直井に攻撃を受け、倒れていました。


直井は
この世界の仕組み・・彼の言うところでは、
この世界は「神を選ぶ世界」なのだと・・

そして、神になる自分が
ここにいる人間達に慈悲を与えるのだと・・・言います。

直井は
ゆりに催眠術をかけ、偽りの記憶を与え、
消滅させようとします。

催眠術がかかりかけたその時
音無が直井を妨害したことで
ゆりへの催眠術はとかれ・・・

音無は直井へ語りかけます。

「人の生きてきた人生は本物なんだ」
「それを結果だけ上塗りさせてはいけない」
「おまえだって辛い経験をしてきてここにいるのだろう?」
「おまえの人生だって本物だったのだろう?」

直井は自分自身が存在さえも
認めてもらえないという辛い過去を持っていました。

直井自身の存在を認めてくれる音無の優しい言葉と
自分の回想の中での思い出を振り返り・・

自分はただ・・認められたかったのだ・・
ということを認識し・・

涙するのでした。





直井君自身も
辛い経験をしてきた人だったようです。

彼の記憶では・・・

     彼には双子の優秀な兄がいたのですが
     事故で亡くなった・・

     陶芸家の名家に生まれた彼は
     優秀だった兄の代わりとなり、
     父親の厳しい指導の中で、陶芸に挑む日々

     彼は努力を続けてきたのですが
     父親は病気になり回復の見込みもないと・・
     
     病気のため、指導もしてもらえませんし
     陶芸家にもなることができず、
     ただただ父親の介護を続けることに・・

     自分の人生はなんだったのだろう
     自分は兄が事故の時に死んでしまったのだ・・
     自分ではなく、兄が頑張ったんだ・・

     自分の存在を否定し
     自分自身でさえも否定をしてしまっていた・・・


ようです。


そんな彼の心を・・・
音無の語りかけや記憶の中での出来事を振り返り
自分は認められることを望んでいたということに
気づいたようですね。

直井君は救われたのかな?

というところで
終了しました。


自分自身の存在を信じることができず、自分を否定をする彼は
他の人を否定することでしか自分の存在を表すことが
できなかったのかな~と・・・

今回のお話での
ゆり達への攻撃や裏で暴行をしていたことなど
そういう表れだったのだと思います。

次回、彼がどうなっているのか?
それで、今回のお話の結果などがわかるのだろうな~と思っています。




そんな直井君が目立った回でしたが
天使ちゃんこと「タチバナ」さんのことも
描かれていましたね。

音無君自体が
最初の質問に対して攻撃をされてしまったので
敵だと思い込んでしまったということ・・・

今回の出来事で
彼女への誤解がとけたように思えます。

話してみると
意外に普通のいい子で、
ちょっとユニークな感じでした。

また、彼女が
「今まで仲良くなった子は消えていった」
と言っていましたが・・・

この世界の仕組みでは満足をすると、消滅してしまうわけで・・
天使ちゃんの友達は次々にいなくなっていったと・・

それを聞き音無君は
天使ちゃんがすごく孤独だったということに
ショックを受けていましたね。

たしかにかわいそうな子だな~と思います。

彼女はそういう経験も込みで
たぶん・・他の人とコミュニケーションをとるのが
少し下手なのかな~と思いました・・

物事を素直に、純粋に受け取っちゃう子なのかも?
だから、反省室にいれられてもあっさりと眠っちゃったり
うっかり麻婆豆腐を食べに行っちゃったり・・・

今までの・・・
第1話の最初の音無君へ攻撃や・・

ゆり達へのこれまでの対応も
そういう彼女の不器用な性格から出てしまったのかも?

彼女が持つ「ガードスキル」というのを見ても
攻撃をするためにはできてないということでしたし・・

意外に受身的な子なのかもしれません。

自分から考えるというタイプではなく
相手や環境に対して、素直・純粋に・・
そして、不器用に反応をする子なのだと思いました。

自分の環境を認識・既定し、
ぐいぐいと行動をしていく典型例でもある
ゆりっぺなんかとは
本当に正反対の子なのかもしれませんね。

ただ・・・
今回の事件を経て
音無君は天使ちゃんと近づくことができたのではないかと思いますが・・

さてさて、次回以降どうなるんでしょうかね~。






音無君の存在についても
だんだんと考えていかなければならないような気がしています。

これまではある意味で、
ずるい存在だったのかもしれないです。

私が音無君に共感できるのも、
彼が未だにこの世界では傍観者で、
視聴者と同じ立場だからなのかもな~と思ってしまいました。

直井君に語りかけるところで
ようやく、この世界に入ってきたようにも思えます。

音無という存在がいたからこそ
今回の事件が終息へ向っていたような感じですし・・


これまでのゆり達との活動、
岩沢さんの消滅や天使ちゃんに対する思いなど・・

そういう経験を経た上での彼の成長の現れだったのでは?
と思いました。

彼は
大きな存在になりつつあるのかもしれませんね・・・

彼が記憶喪失な理由というのも
今後わかってくるとは思いますが
主人公である彼がどういう行動をとるのか・・・

というのが、この物語がどう進むのか?
という大きな要因であるというのは間違いありませんし・・





これまでも考えさせられるというよりも・・


各キャラクターのバックグラウンドが
かなりショックなものが多い・・・

ですので、真剣にキャラを受け止めてみたい、
キャラと向き合ってみたい作品です・・


今回は・・
バックグラウンドの部分で直井君、天使ちゃん・・・
そうでない部分で音無君と・・

それぞれ考えることができた気がします。

そういう意味で、EPISODE.06は、
非常に情報量の多い話だったように思えます。


このお話で半分終わったということで・・・

最初に思った世界観的なイメージは
まだはずれているということはないのですね・・・

半分を終わって、メインキャラの
ゆりっぺ、天使ちゃん、音無君のあたりに
いろいろなものが集約されていくのか~とは思っています。

人物的な評価で一番変わったのが天使ちゃんかな?





小難しいことはここまでにしておいて
ギャグシーンをおさらいしてみたいな~と思います。

今回は
各自自由に行動せよというところですね・・・

ユイちゃんが
1分おきにトイレに行くという行動をとるのですが・・

音無・日向いわく
「バカだ」と・・・

も~う、
そうところがすっごくかわいかったっすよ!
ユイちゃん!!(笑)

おバカさんかもしれないけれど
本当に楽しい子です。

私は大好きですよ~。


当blogのタイトル的な方向性では
ユイちゃんがいればいいわけですが・・(笑)

前回の感想でも書きましたが
重いテーマが多いこの作品・・

ユイちゃんのあの元気というものが
私の中では大きいな~と。



そのほかの子の
各自・・自由行動のめちゃくちゃっさもすごかったですね。





現時点では、8話まで放映していて
ばっちり録画もしていますが・・・

見るのがちょっと怖いな~というのと
う~ん、どうなるんだろう?というのが半分半分です・・・

大事に見ていきたいな~という方針は
変わることはないと思います・・・
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://moecognitive.blog110.fc2.com/tb.php/713-1e080d41
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

にもたころ

Author:にもたころ
私の性格は・・ほぼ「こなた」?

アニメや二次元は
私の活力源です!!

このblogでは、主に・・

・アニメの感想
・漫画の感想
・ゲームの感想
・動画の感想
・テレビ番組の感想
・歴史について

・・・など

自分の思ったことを中心に
書いています。

最近はツイッターでの
更新が多くなっています。
(さぼり気味・・)

文章が下手なので
他の方には伝わらない部分も
多いと思います。

それでも・・
blogを見て、少しでも
楽しんでいただけたら幸いです!
m(_ _)m

当blogは
リンクフリーです。

コメント、なんでも大歓迎で~す。


相互リンクも大募集です!
一応、バナーもあります、詳しくは・・・
↓↓↓
こちらのページ

最新記事

リンク(バナー)

もえくり

かわいい女の子クリーチャーが出てくる フリーゲームのシュミレーションRPG!  奥が深く、やり応えがあります!!

カテゴリー

Web拍手

かわいいので置いてみました。

FC2カウンター

アニメのバナー

アニメのバナーです!
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 桐乃ちゃんかわいいです 「まおゆう魔王勇者」TVアニメ公式サイト 魔王かわいい・・・

ゲームのバナー

ゲームのバナーです
「千里朱音」ちゃんです

新キャスターさん萌えます!

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

ブログランキング

ポチっと、応援していただければ嬉しいです!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ翻訳

Amazon広告

etc

面白そうなので置いてみました

ユーザータグ

張飛 日向秋 風間千景 不知火匡 けいおん! 月影ゆり 神崎そなた フリージング 天宮りずむ 夏候惇 黄蓋 相沢千鶴 薄蛍 イカ娘 芳乃さくら 黒川エレン 古手川結 周瑜 カン沢 文醜 ルキア 暁美ほむら リューネ・ゾルダーク ハートキャッチプリキュア! 坂本龍馬 汐宮栞 厳顔 クレオ=ブランド 張遼 産業振興 周喩 張允 古手梨花 向坂環 司馬懿 高杉晋作 高町なのは 坂上智代 ホウ統 夕崎梨子 樊氏 顔良 モモ 御門 フェリス・エリス チャーリー・ブラウン 斉藤一 榎本武揚 西連寺秋穂 曹操 バッファローベル 北高 魯粛 キュアフラワー シンディー 籾岡里紗 スヌーピー 花咲つぼみ 原田左之助 田村麻奈実 諸葛謹 蔡瑁 藤堂平助 劉曼 小喬 結城美柑 キュアムーンライト 西王母桃 孫権 有田しおん セリーヌ 千羽様 沖田総司 ラナ=リンチェン 及川氷麗 木戸孝允 キファ・ノールズ インデックス キュアリズム 偽イカ娘 シナダ・ベニオ 唯野嵐子 アーニャ・ヘルシング 永倉新八 大鳥圭介 超級覇王電影弾 袁紹 西連寺春奈 西島和音 来海えりか 霧崎恭子 徐庶 天条院沙姫 ヴィンス・ガラルディ 蒋幹 ToHeart2 雪村千鶴 セイレーン 新選組 趙雲 徳島 今川ヨシモト 上杉景虎 韓遂 美柑 夏候連 ガネッサ=ローランド 高坂桐乃 ティシー 西郷隆盛 馬謖 石動美緒 紗倉清美 ファイナルファンタジー 明堂院いつき 真田雪村 長月早苗 鷲宮神社 九条凛 土方歳三 西連寺春菜 原田佐之助 葉山辰吉 周姫 オカモト・ミドリ 劉備 松平容保 慚愧 呂布 結野嵐子 魔法少女リリカルなのは 桂小五郎 クゥ・オルラ 高坂佳乃 ミラン・フロワード 千里朱音 男の娘 山南敬助 アーネット=マックミルラン 斎藤渚 姜維 南雲薫 ララ ハミィ 藍澤光 諸葛亮 南冬馬 郭嘉 藍沢光 玉錦 新田晴子 イングリッド=バーンシュタイン 関羽 ミルク・カラード ガネッサ 鳥居夏実 中川かのん 魏延 斎藤一 雪洞・鬼灯 馬超 張松 南夏奈 涼子 池田彩 呂蒙 フィギュア ニチ・ケイト アゲマキ・ワコ とがめ イリス・エリス キュアビート 間宮由美 桂木麻里 田村ゆかり エルシィ キュアサンシャイン らき☆すた 孔明リ・ガズィ ダークプリキュア エナ・アストー お靜 金色の闇 黒猫 神無月ミヤビ 梨子 飛鳥空 凰鈴音 織姫 日向夏美 ライナス&ルーシー タマ姉 沙織・バジーナ サソリーナ キュアメロディ 青山美生 ルン ドラゴンクエスト ナナ 南千秋 孫小香 相沢栄子 孔明 工藤真由 上杉謙信 キュアマリン 近藤勇 北条響 涼宮ハルヒ 豊郷 キュアブロッサム 神戸 シフォン 高原歩美 サテライザー サテライザー=エル=ブリジット けいおん!! 上杉景勝 南野奏 水樹奈々 古手川唯 お静