Entries

諸葛亮VS司馬慰 (アニメ「最強武将伝・三国演義」第四十六~四十七話 感想)

今回は
「最強武将伝・三国演義」
の感想を・・・

見たのは
第四十六話「空蝉の城」
第四十七話「諸葛亮対司馬懿」
第四十八話「妖怪の兵士」
ですね。





街亭での戦いは
馬謖のミスにより司馬慰の勝利に終わった。

そのため蜀軍は
バランスを崩してしまい、
諸葛亮はピンチに陥ります。

なんとかハッタリをかまして
司馬懿を退けた諸葛亮。

一時的に撤退をした諸葛亮は
今回の戦いの処分を行います。

馬謖を処刑、自分も地位を降格させて
軍規を保つことを行いました。

司馬懿は暑さのため
蜀への進軍を中止し、守りを固めます。

時間が経過し・・・

蜀は趙雲が亡くなってしまいましたが
軍勢を整え、北伐を再開しました。

魏と蜀の一進一退の攻防が続くも
諸葛亮の策がきっちりハマっていきます。

しかし、司馬懿もうまく防戦し
諸葛亮も苦戦してしまいます。

そのような中
蜀が苦戦していた魏の武将である張コウは
蜀の攻撃を受けてしまうのでした。




ということで
北伐が続きます。

諸葛亮と司馬懿の攻防が
描かれています。

諸葛亮が優勢のようにアニメでは流れていますが
司馬懿がうまく立ち回っていて、苦戦しているようです。


妖怪の兵士を使って
司馬懿を油断させたりなど・・・

諸葛亮が気味悪く思えてきてしまう
シーンというのが多いように思えます。


面白いのは
司馬懿のシーンが多いというところでしょうね~。
スポンサーサイト



馬謖と姜維・・・(アニメ「最強武将伝・三国演義」第四十四~四十五話 感想)

今回は
「最強武将伝・三国演義」
の感想を・・・

見たのは
第四十四話「北伐開始」
第四十五話「智将・姜維」
ですね。





魏に対し北伐を開始した諸葛亮

趙雲達の活躍もあり
皇帝の一族である夏侯楙を捕縛することに成功します。

蜀は魏に対し優勢に物事を進めるのですが
魏は姜維という将軍の活躍により、
思い通りにはいきません。

姜維の存在を知った諸葛亮は
彼を自分の後継者にしたいと考え、
なんとか彼を自分の手元に置きたいと策を労します。

苦労した結果
姜維は諸葛亮の元へ降ることになりました。

姜維も諸葛亮に
「自分の後継者は君だ」と言われたことに感動し、
蜀の将軍として、北伐に参加するのでした。


魏が苦戦をしていることで
司馬懿が息子達を引き連れ、諸葛亮と対峙します。

その中でも
街亭という場所が戦略上重要なポイントであり、
そこに馬謖を配置するのですが・・・

馬謖は諸葛亮の命令を無視し
道へ布陣するのではなく、山の上へ布陣してしまいました。

司馬懿はその様子を見て
チャンスということで、馬謖へ攻撃を加えようとするのでした。





ということで、北伐編ですね・・・

趙雲、魏延、馬謖、姜維
という多くの武将がでて、活躍?してまいした。

魏延フラグもしっかり物語の中に仕組ませてましたね。


それにしても・・・
姜維も人からああいわれると
すごく嬉しいでしょうね~。


馬謖がああゆう風な行動をとったというのは
「諸葛亮の後継者は自分」というようなものがあったからのように思えますね。

そんなところに姜維という人物が現れて
諸葛亮は大変、評価している。

そうなると、
馬謖としては「自分もやってやろう」という
気持ちになると思います。

しかし相手が司馬懿だったというのも
運が悪かったところだったでしょうが・・・


それでも、やはり命令に背くというのは
やっぱりダメだろうな~とは思いますね・・・

馬謖君の結果は次回のお話ですが・・・

劉備が亡くなり・・・そして・・・(アニメ「最強武将伝・三国演義」第四十話「劉備の遺言」感想)

今回は
「最強武将伝・三国演義」
の感想を・・・


見たのは
第四十話「劉備の遺言」ですね。

今回は・・・





孫権軍に破れた劉備。

その後、病気になってしまいます。

死期が近いことを悟った劉備は
諸葛亮にすべてを託します。

「息子を頼む。」
「息子に補佐する価値がないのであれば、君が率いて大事を成し遂げろ」

と諸葛亮に言いますが・・

諸葛亮は
「最後までお仕えするつもりです」
と答えます。

そして、劉備は亡くなりました。


さて・・
劉備が亡くなったことを知った
曹丕は蜀へ総攻撃を開始します。

曹丕は孫権にも蜀を攻撃するように
要請します。


諸葛亮は総攻撃に対して
適任の将軍をそれぞれ配備し対応しました。

しかし
孫権への対応には頭を悩ませていたようで・・・

最終的に
芝を派遣します。

芝は孫権と対面し
無事に説得を成功させます。


さてさて・・・
曹丕の総攻撃と同時に
南蛮の孟獲も攻撃を仕掛けてきたのですが・・・

諸葛亮はそれに大軍をもって
対処します。

孟獲がなかなか倒せない諸葛亮は・・・

馬謖が
「心を攻めるのが良策」と意見を述べたため
それを採用することにしました・・・





ということで、
前回の曹操に続いて、劉備が亡くなってしまいました。

劉備の遺言のシーンは
良いシーンだな~と思いますね。

諸葛亮に釘を刺すというようにも取れるし
そのまま受け取っても面白いし・・(笑)


諸葛亮との会話は有名ですが
今回は趙雲との会話もあってジーンときました。

「我々の友情は忘れない、息子を頼む」
と趙雲に言うのも良かったです。





そして、有名なシーンである
芝の孫権との対面シーン。

こちらも面白かったです。

ああやって説得ができれば
かっこいいですよね~。




そして・・・・
久しぶりに女の子が出てきましたね。

孟獲の奥さんの祝融さん。
と・・・南蛮の踊り子さん達・・・

それにしても
南蛮のあの格好はやりすぎのようにも思えてしまうのですが・・・

当時もあんな感じだったのでしょうかね~?(笑)

劉備と孔明・・一気に老けすぎ・・(笑) (アニメ「最強武将伝・三国演義」第三十六話「定軍山の戦い」感想)

今回は
「最強武将伝・三国演義」
の感想を・・・


見たのは
第三十六話「定軍山の戦い」ですね。

今回は・・・

曹操軍VS劉備軍

という感じだったかな?





曹操は劉備を攻めてきました。

しかし、孫権サイドを攻めている張遼から
応援の依頼が来ました。

曹操は部隊を分けて
張遼の救援に行きました。


そこで
張飛が残った曹操軍を攻めることになります。

時間がかかったものの
謀をうまく使い、張飛は勝利を治めることができました。

また・・・
黄忠が曹操軍の中心武将である
夏侯淵を定軍山で打ち破ることにも成功し・・・

曹操軍に大打撃を与えることができました。


怒った曹操が主力部隊を率いて
舞い戻ってきました。


そこで・・・孔明の策略により
曹操軍を弱らせることができ、
劉備軍は勝利を治めることができました。




いや、もう一言・・・

孔明と劉備・・
一気に老けすぎです・・・(TAT)


そして今回、
司馬懿が出てきましたね~。

今後、もっと目立つと思うので
いろいろと楽しみですっ!

馬超が仲間になりました~♪ (アニメ「最強武将伝・三国演義」第三十五話「陰謀の宴」感想)

今回は
「最強武将伝・三国演義」
の感想を・・・


見たのは
第三十五話「陰謀の宴」ですね。

今回は・・・

・馬超VS張飛
・馬超が劉備軍に加入
・劉備軍が荊州の土地を孫権に返さない

という内容でした。





張魯軍の一員となった
馬超が劉備軍を攻めてきました。

対峙するのは豪傑である張飛です。

二人の勝負は
まったくの互角です。

そんな対決の場所に諸葛亮がやってきて
「馬超を仲間にしましょう」
ということになり、策略を行った結果・・・

馬超は
劉備軍の一員となったのでした。

そのまま、馬超が
劉璋に対して、降伏勧告を行い・・

劉備は蜀の地を得ることができました。

さて・・・
劉備軍は孫権軍と荊州について
一応、レンタル契約を結んでいました。

それは蜀を手に入れるまで・・という約束だったので
孫権サイドから返却の催促がありました。

ですが、荊州を統治している関羽は
「漢の土地なので、漢のために使ってる私たちが返す必要はない」
という論理をもって、そのまま荊州に居座ったのでした。

その態度に怒った孫権は
劉備軍との対決を決意しますが・・・

曹操が南下してきたので
断念せざるを得ませんでした。


さてさて・・・

曹操のほうですが蜀の地を落とすためには
漢中という場所から落とすべきだと考えているようですが・・・




とうとう
馬超が仲間になりましたよね~。

馬超・・やっぱり脳筋だな~。
かわいそうになりますね~。

でも張飛との対決は迫力があってよかったです。





それにしても
劉備軍が荊州に居座る理由のはやっぱり凄い・・・


こりゃ、正直たちが悪いわね~。


孫権サイドから見てみると
腹が立つでしょうね~。


関羽は・・・

蜀からすると頼もしいですが・・
呉から見てみるとうざいやつですね・・(笑)




そうそう、呂蒙が初登場でしたよね~。

呉の武将の中では
一番好きな武将なのですが・・・

まさか・・・おじいちゃん・・(TAT)

頭はよさそうですが・・・

あれだと魯粛とのエピソードの
「呉下の阿蒙に非ず」が・・微妙になるような・・・(笑)

もっと若めのおっさんを期待していたのですが・・
残念です・・・・

Appendix

プロフィール

にもたころ

Author:にもたころ
私の性格は・・ほぼ「こなた」?

アニメや二次元は
私の活力源です!!

このblogでは、主に・・

・アニメの感想
・漫画の感想
・ゲームの感想
・動画の感想
・テレビ番組の感想
・歴史について

・・・など

自分の思ったことを中心に
書いています。

最近はツイッターでの
更新が多くなっています。
(さぼり気味・・)

文章が下手なので
他の方には伝わらない部分も
多いと思います。

それでも・・
blogを見て、少しでも
楽しんでいただけたら幸いです!
m(_ _)m

当blogは
リンクフリーです。

コメント、なんでも大歓迎で~す。


相互リンクも大募集です!
一応、バナーもあります、詳しくは・・・
↓↓↓
こちらのページ

最新記事

リンク(バナー)

もえくり

かわいい女の子クリーチャーが出てくる フリーゲームのシュミレーションRPG!  奥が深く、やり応えがあります!!

カテゴリー

Web拍手

かわいいので置いてみました。

FC2カウンター

アニメのバナー

アニメのバナーです!
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 桐乃ちゃんかわいいです 「まおゆう魔王勇者」TVアニメ公式サイト 魔王かわいい・・・

ゲームのバナー

ゲームのバナーです
「千里朱音」ちゃんです

新キャスターさん萌えます!

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

ブログランキング

ポチっと、応援していただければ嬉しいです!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ翻訳

Amazon広告

etc

面白そうなので置いてみました

ユーザータグ

風間千景 張松 斉藤一 天条院沙姫 バッファローベル 青山美生 千羽様 サテライザー=エル=ブリジット 孔明 西連寺春奈 桂小五郎 新選組 高坂桐乃 霧崎恭子 産業振興 けいおん! 今川ヨシモト 土方歳三 沙織・バジーナ 夕崎梨子 諸葛亮 金色の闇 キュアビート 真田雪村 ハートキャッチプリキュア! 西王母桃 唯野嵐子 文醜 日向夏美 諸葛謹 周瑜 慚愧 汐宮栞 司馬懿 クゥ・オルラ お静 ヴィンス・ガラルディ 西連寺秋穂 超級覇王電影弾 シンディー アーニャ・ヘルシング 涼宮ハルヒ 南冬馬 フェリス・エリス 高町なのは 飛鳥空 袁紹 アーネット=マックミルラン 相沢千鶴 張允 工藤真由 エルシィ ティシー 鷲宮神社 ファイナルファンタジー ルン 夏候連 雪洞・鬼灯 フィギュア 水樹奈々 籾岡里紗 結野嵐子 偽イカ娘 古手川結 徐庶 魏延 魯粛 樊氏 オカモト・ミドリ 夏候惇 原田左之助 ホウ統 黒川エレン 及川氷麗 ライナス&ルーシー セイレーン 藍沢光 キュアフラワー カン沢 新田晴子 凰鈴音 鳥居夏実 ToHeart2 張飛 榎本武揚 暁美ほむら 孔明リ・ガズィ 梨子 神戸 キュアムーンライト キュアマリン キュアリズム 豊郷 南野奏 不知火匡 池田彩 古手川唯 神無月ミヤビ 劉曼 木戸孝允 織姫 大鳥圭介 紗倉清美 美柑 高原歩美 涼子 山南敬助 イリス・エリス 永倉新八 斎藤渚 ナナ キュアサンシャイン 北条響 呂蒙 坂本龍馬 南夏奈 結城美柑 蒋幹 黄蓋 長月早苗 厳顔 西島和音 魔法少女リリカルなのは 田村ゆかり 上杉景勝 近藤勇 藤堂平助 ハミィ ララ 西郷隆盛 インデックス 花咲つぼみ 小喬 斎藤一 孫小香 松平容保 黒猫 上杉景虎 玉錦 姜維 雪村千鶴 馬超 孫権 周喩 男の娘 北高 ラナ=リンチェン 張遼 スヌーピー とがめ 藍澤光 薄蛍 石動美緒 葉山辰吉 高坂佳乃 馬謖 郭嘉 曹操 中川かのん 御門 アゲマキ・ワコ 九条凛 ドラゴンクエスト 神崎そなた 有田しおん 南雲薫 ミラン・フロワード らき☆すた お靜 キュアメロディ 日向秋 タマ姉 劉備 ガネッサ 顔良 ガネッサ=ローランド 天宮りずむ エナ・アストー 田村麻奈実 キファ・ノールズ キュアブロッサム 千里朱音 関羽 西連寺春菜 月影ゆり チャーリー・ブラウン 間宮由美 向坂環 シナダ・ベニオ イカ娘 相沢栄子 南千秋 沖田総司 明堂院いつき 高杉晋作 ニチ・ケイト 古手梨花 韓遂 芳乃さくら フリージング リューネ・ゾルダーク セリーヌ 蔡瑁 原田佐之助 イングリッド=バーンシュタイン けいおん!! ミルク・カラード 呂布 徳島 サソリーナ モモ ルキア 上杉謙信 クレオ=ブランド サテライザー 坂上智代 桂木麻里 ダークプリキュア 周姫 来海えりか シフォン 趙雲