Entries

ガネッサ先輩とサテライザー先輩の抱き枕カバーが出るんですね!ほ、欲しいかも・・・(笑)

先日、日本橋に行ったときに
ジーストアでポスターを見たのですが・・・

110306_131853.jpg

ガネッサ先輩の抱き枕カバーが出るんですね!(笑)

なかなかいい感じだと思いますが・・・
調べてみると・・・

フリージング ガネッサ スムース抱き枕カバー
フリージング ガネッサ スムース抱き枕カバー

これは良いイラスト!!

まさか・・・と思って調べてみると・・・・

フリージング サテライザースムース抱き枕カバー
フリージング サテライザースムース抱き枕カバー

とか・・・

フリージング サテライザー ビッグタオル
フリージング サテライザー ビッグタオル

も出るみたい・・・

あ~見つけちゃった・・
サテラ先輩の抱き枕カバーとタオル・・(笑)

ほ、欲しいかも・・・(笑)




抱き枕カバーのイラストですが・・・

ガネッサ先輩は制服の・・・
サテラ先輩は眼鏡をかけているのが・・・


すごく良いですね・・・


これね~、
ラナは確実に来るパターンのような気がする・・・(笑)

スポンサーサイト



サテラ先輩・ラナが戦う相手は・・アーネット=マックミルラン&クレオ=ブランド・・(アニメ「フリージング」Episode07「Sanction」感想)

今回の感想は
「フリージング」です。

見たのは
Episode07「Sanction」
です。





サテライザーVSラナは
カズヤ・アティア達の乱入により中断してしまいました。

3年であるアティアは

アーネット=マックミルラン
クレオ=ブランド

という二人を引き連れて
サテライザーに襲い掛かります。

ラナはアティアからだまされたことに憤慨し、
サテライザーと共同戦線を張ることに・・

そして・・・

アーネットVSサテライザー
クレオVSラナ

の対決が始まります。

アーネットもクレオも
3年の中では五本の指に入る実力者のため
サテライザーもラナもすぐに倒されてしまいます。

それでも立ち上がろうとするサテライザー。

彼女が「絶対に負けない」と
立ち上がるのには大きな理由がありました。


==================


彼女の家は有名な家の出身ですが
本妻の子ではなかったため冷遇されておりました。

また、弟であるルイスに性的ないたずらをされたりしていましたが
母親に「我慢しなさい」と言われ、我慢して暮らしており・・・

ですが、母親も病気になって亡くなる間際
「誰にも負けないで強く生きて」
と言われ・・・

サテライザーは
その言葉を胸に強く抱いているわけなのです。


==================


さてさて・・・
無意識の中で「絶対に負けない」と立ち上がった
サテライザーは・・・

ラナが使用していた聖門解放と同じ技である光の翼を使用し、
アーネットを圧倒してしまいました・・

同時にラナも立ち上がりクレオに対して、
テンペストターン+炎牙で圧倒してしまいました。

4人ともボロボロになりながらも
尚、戦おうとしているときに、生徒会長であるシフォンが登場・・

彼女がアーネット達を止めたことで
この騒動は解決するのでした。

その後、シフォンは
アティア達のグループのリーダーであるエリザベスと接触をし・・・

「サテライザーに今のやり方で従わせるのはどうだろうか?」
と釘を刺したのでした。






原作でも一番好きなシーンというのが
この4人のバトルのところなのですが・・・

もうすごかったですね。

特に・・ラナがかっこよすぎます。

「そんな面食らった顔をしなくてもいいであります」
のところからは、繰り返して見てしまいました(笑)

ラナのあそこの逆転劇はすごく好きなんですよ~。
(漫画版でもここが一番お気に入りだったり・・・)





そして、
今回、サテラ先輩の過去が語られましたね・・

彼女が他人に身体を触れさせない理由も
はっきりとは言われませんでしたが、想像ができますよね~。





今回、サテラ先輩と戦っていたアーネット先輩ですが
やっぱり良い感じでした。

なんと言ってもポニーテール万歳ですよね!!
性格もサバサバしている感じで・・

3年の中では一番のお気に入りなんですよね~。

これでとりあえずの出番は終わってしまいましたが
原作でも比較的多く出てくるキャラなので、登場に期待したいと思います。


サテライザー先輩が戦う相手は・・「聖門八極拳の使い手」ラナ=リンチェン(アニメ「フリージング」Episode06「Machination」感想)

今回の感想は
「フリージング」です。

見たのは
Episode06「Machination」
です。





病院に運ばれたカズヤが目を覚ますと
サテライザーが一晩中付いていました。

部屋入りは、二人の中ではそれなりに成功したようでした・・・

さてさて・・・
サテライザーのクラスに、ラナが転入してきました。

そして・・
ラナがカズヤに対して
積極的なアプローチを掛けるのですが・・

サテライザーはそれが面白くありません。

そんな時
ラナはサテライザーをハメようとしている三年のアティアから
「サテライザーはカズヤを利用している」と聞かされます。

それに憤慨したラナは
サテライザーと勝負をすることに・・・

ラナはカズヤをパートナーにするために
サテライザーと勝負をすることになります。

ラナとサテライザーは互角の勝負をするも
どちらも全力で戦います

そして、ラナは必殺技を使い
サテライザーに大ダメージを与えるのですが・・・

それでもサテライザーは
「絶対に負けない」と立ち上がります。

そこにサテライザーとラナが一緒にいるということを
聞いたカズヤがやってきて、二人の戦闘を止めます。

カズヤはラナに
「自分は先輩に利用されているわけではない」
と説明をしているところに・・・

アティアがしびれを切らしたのか・・・

アーネットとクレオを連れて
やってきたのでした・・・




ということで
今回はサテライザーVSラナでしたね。

原作漫画の中でも
好きな勝負のひとつです。

ラナの隠された力が
どんどん出てくるというのが見ていて面白いです。

それにしても・・・
戦闘シーンのラナはかっこいいな~。

特にラナの「空牙」や「炎牙」という必殺技は
漫画よりもアニメのほうがやっぱり迫力ありましたね。

好きな技だったので、めちゃくちゃ満足でした!!


この戦闘に引き続き、
次回はアーネット先輩とクレオ先輩との戦闘が始まるので
目が離せないですよね。





今回、アーサーとヒイラギが
カズヤに「サテライザー先輩と関わらないほうがいい」
と言ったときに・・

サテラ先輩が「接触禁止の女王」と呼ばれている理由
というのが語られてしました。

彼女は・・・

イーストゼネティックスの時、
契約をしようとしたリミッターの一人を再起不能にした

というのが原因のようです。

その大元の理由・・・

彼女が他人の接触を嫌う理由
というのは原作ではすでに語られており、
改善方向へと向かっています。

アニメ版でもそこらへんを説明するのかどうか・・・
そこが気になっているのですけれどね・・・
(重要といえば重要なお話だとは思うのですが・・・)






そして、今回も見せてくれました!!

やっぱりお色気担当のガネッサ先輩・・・(笑)

今回もばっちりおっぱいを見せてくれました!!

ほぼ毎週見せてくれているような・・・

もう毎回楽しませてくれるので
ガネッサ先輩に期待してしまいますよね・・・

ラナのほうも
ばっちりパンツ・・というよりふんどしを見せてくれていましたね。

AT-X版では少し切れちゃっているのが
残念でしたが・・(笑)

また・・戦闘シーンでも
無駄におっぱいが見えちゃってましたけれど・・・(笑)





そうそう・・・
アイキャッチ部分のアティア先輩・・・

水着を着て
ちょっとテレているのが萌えでしたよね・・・(笑)

胸はあまり大きくない・・と思っていたのですが
意外に着やせするタイプ?(笑)






そして・・・
ラナのアクションシーンと同じくらい
興奮したのがエンドイラスト!!

漫画「幽霊王」の尹載皓さんが
イラストを書いてましたね。

悪の女王サテライザーに囚われたカズヤを救うために
燃えるラナ・・・

というシチュエーション・・(笑)

今回のラナの視点を見事に描いた
イラストだったと思います。

ちっちゃいカズヤがちょっとかわいかったですよね(笑)


しかし、このイラスト見ていると・・・
幽霊王も早く続きが見たいな~と思ってしまいました。


第3巻が楽しみです。
(ってフリージングの感想じゃない!!)

ラナ=リンチェンがかっこよく登場したのでありますよ! (アニメ「フリージング」Episode05「She is Rana Linchen」感想)

今回の感想は
「フリージング」です。

見たのは
Episode05「She is Rana Linchen」
です。




サテライザー=エル=ブリジットと
イングリッド=バーンシュタインとの戦闘が終わり
数日が経ちました。

サテライザーは
カズヤとリミッター契約を結ぶことを決めます。

しかし、
従来のパンドラとリミッターの契約とは異なり
聖痕の受け渡しは無しということになりました。

それはサテライザーが
リミッターとイレインバーセットをして
他人と感覚を共有するのを嫌うからというのに加え・・・

カズヤが契約なしでも
ノヴァと同じようにフリージングを出せるという
特殊な能力を持っているからこそ、生まれた契約でした。

そして、
契約を結んだパンドラとリミッターには
「部屋入り」という、
夜にパンドラの部屋へ訪れるという慣習があるようで・・・

サテライザーはカズヤを誘いました。


さて・・・

その後、カズヤは
学園の中で迷子になっている女の子を見つけます。

彼女の名前は
ラナ=リンチェン。

チベットから運命の殿方を探しに
ウエストゼネティックスまでやってきました。


カズヤは彼女を校長室へ案内した後
サテライザーの元へ向かいます

その行く途中でクラスメイトの
アーサーやヒイラギ=カホと出会い
「部屋入り」の話をしていると・・・


カズヤ達三人はサテライザーのことを恨んでいる二年に
絡まれてしまいました。

ヒイラギが抵抗するもやられてしまう三人。

アーサーが怪我をしたのを見て
怒るカズヤは以前の強力なフリージングを使うも・・
倒れてしまいます。

そして・・・
カズヤの身に危険が迫った、ちょうどその時・・・

さきほど案内したラナが現れ・・・

カズヤを助けるため
三人を一瞬にして倒してしまいました。

その夜、サテライザーは部屋入りで待っていましたが・・・

アーサーからカズヤが病院に運ばれたということを聞き、
病院へ駆けつけます。

そこでカズヤの手術を待っているラナと
対面をするサテライザー

サテライザーとカズヤの関係を知る
アーサーはラナを連れ出し、別の病室にいるヒイラギの元へ・・


一方、サテライザーのほうは
カズヤの病室へ向かったのでした


さてさて・・・
ヒイラギの元へ行ったラナとアーサーは・・・

ラナがパンドラであり、運命の殿方・・
つまりリミッターを探しにきたということを聞かされます。

そしてラナは
カズヤにリミッターになってもらいたいと言ったのでした。




ということで
カズヤを巡る恋の戦い?において・・・
サテライザー先輩のライバルとなる、ラナ=リンチェンが登場しました。

格闘系の女の子なのです。

そして、性格が明るく、
面白いのです。

見ていて元気になる女の子だと思います。


アニメでは、声のイメージもビンゴだったので
ニヤニヤしながら見ていました。

花澤さんの声って本当にいいよな~。

本格的な活躍は次回以降・・・
その時にでもしっかりと彼女の感想を書きたいと思います。





ということで
原作漫画との相違点ですが・・・

・ラナとカズヤが出会ったのが街中ではなく、学園内だった
・カズヤ達が襲われたのがチンピラではなく2年だった
・アーネット先輩達の水着シーン

くらいだったかな?


カズヤとラナが
街中で一緒にパスタを食べるシーンが漫画にはありまして
私はそのシーンが結構好きなのですが・・・

それが無かったのが少し残念だったかな?





それにしても・・・
アニメになって、ガネッサ先輩の出番が増えているのが面白いですね。

やはり萌え担当だとは思っていましたが・・・
ここまで魅せてくれるとは・・・(笑)

今回はアーサーの部屋入りの回想のところで・・・

ガネッサ先輩のかわいいセクシーシーンが見れました。

ちなみに・・・
アーサーはベッドまでたどり着いたものの
酔っ払っちゃってガネッサ先輩の胸の中で寝てしまったようでした。

あ~もったいないな~アーサー君・・(笑)





さてさて・・・
次にサテライザーを狙っている敵も登場しましたね・・・

3年4位のアーネット=マックミルラン
3年5位のクレオ=ブランド

水着シーンご馳走様でした・・・

アーネット先輩がしゃべったのは
たしか二回目ですが、
今回は彼女の性格もちょろっと出ていた感じでした。

3年生の中では
私は一番好きなタイプなので、この後の本格的な登場が楽しみです。

そして
3年2位のエリザベス=メイブリー
胸をさらけ出していましたね・・・


なぜに・・・!?
と思いながらも・・・ご馳走様でした・・・・(笑)




さぁ~次は・・

ラナの能力、そして戦闘がアニメでしっかり見ることができます。
彼女の格闘アクションがどういう感じになるのか・・・

そこが次回の見所だと思います。

サテライザー先輩が戦う相手は・・・「秩序の守護者」イングリッド=バーンシュタイン先輩(アニメ「フリージング」Episode04「Tempest Turn」感想)

今回の感想は
「フリージング」です。

見たのは
Episode04「Tempest Turn」
です。





二年生であるサテライザーは
三年生より目をつけられてしまいました。

彼女に襲い掛かるのは
「秩序の守護者」イングリッド=バーンシュタイン

イングリッドとサテライザーが戦うことを知った
カズヤはサテライザーと契約しようと考えます。

ですが、サテライザーは
その申し出を断り、一人でイングリッドに戦いを挑みます。


しかし、イングリッドは
三年生でも上位にランクされる実力の持ち主で
サテライザーの実力ではまったく勝負になりません。

そんな二人の戦闘シーンにカズヤが現れ
サテライザーに加勢します。

カズヤの特殊なフリージングにより
イングリッドと互角の勝負を繰り広げるサテライザー

抵抗するサテライザーにイングリッドは怒り
襲い掛かります。

カズヤはそんなイングリッドが
「秩序」にこだわるのかわかりません。

そこへガネッサが現れ、イングリッドが「秩序」にこだわる
理由を語ります。

1年前、イングリッドの友人であるマリンは
遠征カーニバルで突如現れたノヴァと戦い、亡くなってしまいました。

マリンが亡くなったのは
当時の1年生が秩序を乱した結果であると
イングリッドは考えているようです。


その話を聞いたカズヤは
フリージングを使いイングリッドの動きを封じ込めます。

パンドラモードを使ってでも
サテライザーと戦おうとするイングリッド。

カズヤはフリージングの威力を高めて
動きを完全に封じ込めました。

そしてカズヤは

「マリン先輩は無駄死したわけではなく、パンドラの信念を貫いて亡くなられたはず」
「自分の姉もそうでしたから・・・」

と・・・

ガネッサからも
マリン先輩が1年生を庇い亡くなったということを
聞かされ・・・

イングリッドは戦意喪失してしまったのでした。






ということで
VSイングリッド戦でした。

まさかここまであっさり・・・と・・(笑)

まぁ~マリン先輩のエピソードは
本筋からすると蛇足っぽい気は否めませんが・・・

結構、好きな箇所だっただけに
少なかったのは残念だったかな~。

でも
マリン先輩のかっこいいところが見れたのは
よかったかな~と思います。

まさか、マリン小隊に
ガネッサ先輩がいるということになっているとは・・・

更には、
カズヤのお姉さんのお話を入れたことで
かなりスッキリした感じで、
見やすくはなっていると思います。


こちらはこちらで面白いと思います。



原作漫画との違いですが・・・

上記に書いた三点かな?

・マリン先輩のエピソードが8割以上カット

・マリン先輩の部隊の中にガネッサ先輩がいたこと

・カズヤがお姉さんのエピソードを持ち出して
イングリッド先輩の説得をしたこと・・・


くらいかな?






今回の主役である
イングリッド先輩ですが・・・

彼女が秩序にこだわるのは・・・

遠征カーニバルで1年が秩序を乱してしまい
それが元でマリン先輩が亡くなったとイングリッド先輩は思っていた
というのがアニメで語られていましたね。


これに加えて原作では
マリン先輩自身が組織における規律の重要性を
イングリッド先輩に熱く語っていました。

そして
イングリッド先輩はそんなマリン先輩を尊敬していて・・・

そういう思い出があるからこそ
イングリッド先輩は「秩序」により執念のようなものを抱いていたのだと
私は原作漫画を読んで思っていました。


アニメではそこらへんが
ちょっと弱いかな~と感じましたね~。

ということで
原作のマリン先輩とのエピソードがあると
イングリッド先輩の気持ちというのもよりわかるんじゃないかな~と私は思います。
(そういう意味で第2巻はオススメかな~)



あ、原作ではサテライザー先輩の攻撃を受けて
イングリッド先輩の肌着が破れるまでは一緒なのですが・・・

アニメではおっぱいが見えていましたね~。
ご馳走様でした・・・(笑)






今回もサテライザー先輩の
巨大なおっぱいがしっかりと映っていました!!

お風呂シーン、ご馳走様です・・・


部屋のベッドにあるぬいぐるみも
原作ではなかったマンガ肉やみかんのぬいぐるみに笑ってしまいました。

それを抱いている先輩を想像すると
悶絶しますね、かわいすぎて・・・(笑)


しかし、ここでシーツを被っていたサテライザー先輩は
ほんまにかわいいわ~。




結局、今回のお話で
おいしいシーンを持っていったのは
ガネッサ先輩だったな~と思いますね。

原作では
マリン先輩の部隊にいた人というのが別の人なのですが・・・

それがガネッサ先輩に変わっていました。

これは・・・
ガネッサ先輩好きとしては堪らなかったですね・・・

ツンデレっぷりも見せてくれましたし・・・

こんな感じでガネッサ先輩が
もっと前面に出てきてくれるとすごくうれしいです!!






さぁ~
次回はラナ=リンチェンの登場です!!

この子はとにかく面白い!
そして、かわいらしい・・・

フリージングが更に面白くなるのは
ラナが登場してからだと私は思っているのですが・・・

そこらへんがどうなるのか・・・

早く動くラナが見たい!!

Appendix

プロフィール

にもたころ

Author:にもたころ
私の性格は・・ほぼ「こなた」?

アニメや二次元は
私の活力源です!!

このblogでは、主に・・

・アニメの感想
・漫画の感想
・ゲームの感想
・動画の感想
・テレビ番組の感想
・歴史について

・・・など

自分の思ったことを中心に
書いています。

最近はツイッターでの
更新が多くなっています。
(さぼり気味・・)

文章が下手なので
他の方には伝わらない部分も
多いと思います。

それでも・・
blogを見て、少しでも
楽しんでいただけたら幸いです!
m(_ _)m

当blogは
リンクフリーです。

コメント、なんでも大歓迎で~す。


相互リンクも大募集です!
一応、バナーもあります、詳しくは・・・
↓↓↓
こちらのページ

最新記事

リンク(バナー)

もえくり

かわいい女の子クリーチャーが出てくる フリーゲームのシュミレーションRPG!  奥が深く、やり応えがあります!!

カテゴリー

Web拍手

かわいいので置いてみました。

FC2カウンター

アニメのバナー

アニメのバナーです!
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 桐乃ちゃんかわいいです 「まおゆう魔王勇者」TVアニメ公式サイト 魔王かわいい・・・

ゲームのバナー

ゲームのバナーです
「千里朱音」ちゃんです

新キャスターさん萌えます!

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

ブログランキング

ポチっと、応援していただければ嬉しいです!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ翻訳

Amazon広告

etc

面白そうなので置いてみました

ユーザータグ

ガネッサ=ローランド スヌーピー 明堂院いつき 司馬懿 周姫 諸葛謹 水樹奈々 男の娘 シンディー リューネ・ゾルダーク 蒋幹 田村ゆかり 日向秋 原田佐之助 坂上智代 西連寺春菜 魏延 真田雪村 天条院沙姫 紗倉清美 向坂環 南野奏 西郷隆盛 飛鳥空 沙織・バジーナ 斎藤渚 神崎そなた セイレーン サソリーナ ファイナルファンタジー イングリッド=バーンシュタイン 神戸 藤堂平助 インデックス 工藤真由 高杉晋作 田村麻奈実 黒川エレン 古手川唯 千羽様 クゥ・オルラ タマ姉 姜維 結野嵐子 沖田総司 孔明 呂布 カン沢 上杉景虎 新選組 チャーリー・ブラウン 厳顔 劉備 イリス・エリス 坂本龍馬 ハートキャッチプリキュア! 神無月ミヤビ 周瑜 月影ゆり 北高 文醜 高坂桐乃 らき☆すた 来海えりか 梨子 古手梨花 オカモト・ミドリ 永倉新八 斉藤一 キファ・ノールズ 西島和音 雪村千鶴 韓遂 千里朱音 袁紹 土方歳三 美柑 夏候連 涼子 イカ娘 鳥居夏実 北条響 籾岡里紗 西連寺春奈 西王母桃 池田彩 アーニャ・ヘルシング 張遼 劉曼 呂蒙 近藤勇 上杉謙信 セリーヌ キュアムーンライト 涼宮ハルヒ 日向夏美 相沢栄子 暁美ほむら 今川ヨシモト 金色の闇 慚愧 フェリス・エリス モモ ルキア 斎藤一 ハミィ 玉錦 中川かのん ラナ=リンチェン 西連寺秋穂 南千秋 藍澤光 ライナス&ルーシー ティシー ルン 産業振興 ニチ・ケイト 周喩 ナナ 小喬 エルシィ 葉山辰吉 及川氷麗 南冬馬 顔良 趙雲 シフォン 結城美柑 馬超 魔法少女リリカルなのは 孫小香 ホウ統 徐庶 張允 孫権 南雲薫 徳島 芳乃さくら 間宮由美 関羽 豊郷 ヴィンス・ガラルディ 夏候惇 榎本武揚 馬謖 アゲマキ・ワコ ミルク・カラード 高原歩美 フリージング バッファローベル キュアフラワー 魯粛 大鳥圭介 ToHeart2 郭嘉 偽イカ娘 南夏奈 長月早苗 フィギュア キュアブロッサム 高坂佳乃 桂小五郎 けいおん! キュアサンシャイン 凰鈴音 鷲宮神社 天宮りずむ 蔡瑁 エナ・アストー 風間千景 夕崎梨子 張松 雪洞・鬼灯 サテライザー=エル=ブリジット 黄蓋 相沢千鶴 ダークプリキュア 藍沢光 山南敬助 クレオ=ブランド 霧崎恭子 上杉景勝 張飛 花咲つぼみ 黒猫 樊氏 高町なのは 新田晴子 織姫 曹操 孔明リ・ガズィ ララ キュアビート 石動美緒 桂木麻里 サテライザー シナダ・ベニオ 青山美生 お静 キュアリズム とがめ 超級覇王電影弾 けいおん!! 薄蛍 原田左之助 キュアメロディ 諸葛亮 松平容保 古手川結 木戸孝允 九条凛 ミラン・フロワード 不知火匡 アーネット=マックミルラン 有田しおん ドラゴンクエスト 御門 汐宮栞 キュアマリン お靜 ガネッサ 唯野嵐子