Entries

「これからは、心の絆を守っていくから。だから私も、ハミィやみんなと心と心で繋がりたい!」(アニメ「スイートプリキュア♪」#23「ザザ~ン!涙は世界で一番ちいさな海ニャ!」感想)

今回は
「スイートプリキュア♪」
の感想を・・・

見たのは
#23「ザザ~ン!涙は世界で一番ちいさな海ニャ!」ですね。


約1ヶ月続いていた
セイレーン編のラストということだったと思います。






プリキュアに変身できるようになり
猫に戻ることができなくなったセイレーン

自分の居場所を見つけられず
戸惑っています。

そんな彼女に
響や奏、ハミィは優しく接します。

しかし、その優しさも
セイレーンには辛いようです。

そんなセイレーンことエレンは
音吉さんのオルガンのある教会で
マモルという少年と出会います。

マモルとエレンが話をしているところへ
エレンを探していた響と奏がやってきます。

マモルは
父親が1年間船医として
出張してしまうことに不満を持っているようで・・

父親の大事な仕事道具の鞄を
持ってきてしまいました。

マモルの話を聞いて
響は「心と心がつながっていれば大丈夫」
奏は「決して一人ではない」
と言いますが・・・

エレンは
「人は結局一人・・・だから強くなればいい」
と言います。

しかし、
マモルの父親は夕方には船で旅立ってしまいます。

響と奏は父親を探しに行きます。

エレンは父親に会いたくないマモルと一緒に
教会のある場所から街を移動し、とぼとぼ歩きます。

そんなとき、
鞄を落としてしまうマモル

その鞄からマモルの父親が
作った猫のぬいぐるみを見つけます。

それを見たマモルは
「パパは僕のことを思っていたんだ」
「このままだと、今度はパパがひとりぼっちになってしまう」
「だって僕、パパが大好きだから・・」

マモルはエレンに
「お姉ちゃんにも大好きな人、仲良くなりたい人がいるんでしょ?」


そんな言葉を受けて
ハミィや響達の顔がよぎるエレン。

そして、
マモルとエレンは
教会へ戻ってきます。

響達が連れてきた父親とマモルは
和解をしたのでした。

ですが
父親が作ったぬいぐるみには
音符がついており・・・

それを使って
バスドラ達がネガトーンを呼び出してしまいます。

プリキュアに変身して、ネガトーンと戦う響達

そんな姿にエレンは
「彼女達はなぜ頑張れるの?私に一人じゃないと言えるのはどうして?」
といい、

ハミィは
「自分の心に素直なだけ・・守りたいもののために頑張れるのがプリキュア」
なのだと・・・

マモルたちにひどいことをするバスドラ達やネガトーンに対して
うろたえてしまうエレン・・・

それは自分が今までにしてきたことで・・・
それをバスドラから指摘され、
エレンは「自分にはプリキュアの資格はない・・」と思います。

ですが、そんなエレンに対して、
「プリキュアの資格とか今までのことなんかより・・・セイレーンは今、どうしたいニャ」
と問いかけるハミィ。

エレンは
「私は守りたい、私が今まで壊してきた心の絆を・・」
「私はもう二度と壊したくない、そのための力が・・資格があるのなら・・」
「私はプリキュアになりたい!」
と言います。

強い想いを持ってエレンは
プリキュアに変身し、
響達と協力をし、ネガトーンを倒します。

響達は戦闘が終わり
マモルと父親の別れを見届けます。


その後、エレンは語ります。

「幸せのメロディが大好きだった。」
「でも歌い手にハミィが選ばれ、幸せのメロディや世界の幸せさえも憎んでしまった。」
「大好きを大嫌いに変えてしまう、そんな心が私にはあった」
「だからプリキュアになるのが怖かった・・・いつ私の心に憎しみが蘇るかわからないから・・」


響達は
「エレンはもう一人じゃない」
「海に向かって、言いたいこと言っちゃえば?」
と言われたエレンは・・・

海に向かい泣きながら、
「ごめんなさい」
「今までひどいことをして、たくさんの心の絆を壊してごめんなさい」
「これからは、心の絆を守っていくから」
「だから私も、ハミィやみんなと心と心で繋がりたい!」
と叫びます。

そんなエレンに対し
優しく微笑み、手を握る響達・・・

エレンは
「ありがとう」
とつぶやいたのでした。




もしかしたら
今までのスイートプリキュアの中で
一番いいお話だったんじゃないかな~。

大好きが大嫌いになる・・
セイレーンのような気持ちになることって
生きていく上で、いくらでもあると思います。

そうならないためだったり・・・
そうなってしまうところから立ち直るには心の絆が大事・・・

というのはなんとなくわかるな~。

一人ぼっちだと暗く暗くなっていまうことってありますしね・・




今回はストーリーもよかったのですが
映像の部分でも結構、お気に入りが多かったですね~。


前半部分のシーンなのですが・・・

マモルと響達が
教会の庭で話をするところからの
一連の流れがすごくよかったです。

響の動き、
エレンは陰のあるところで話しはじめて
マモルもそちら側に来るところとか・・・

エレンとマモルが高いところに立って
響達と話すところ・・・

エレンがマモルと一緒にトボトボとどこかへ行ってしまうところで
無言のハミィ・・・

「一人ぼっち」のエレンとマモル以外の街の人は
影が薄くなっていて・・・

そして、マモルが父親のことを理解して
エレンと一緒に戻ろうとするのですが・・・

そこで信号が青になってCMへ・・・

という流れ・・・


信号が青になるところが
すごく憎らしかったですね(笑)

マモルやエレンの気持ち
(特にマモルかな?)がうまく表されていたように思います。


そういうマモルとの触れ合いというのは
エレンにとってすごくよかったですよね~。




音吉さんの登場がやっぱり謎で・・・
しかもええ台詞を言うという・・・(笑)

「涙は世界で一番ちいさな海」
「人は人と繋がることで生きていける」
「そして、人はみな心に海を持っている」
「おまえさんの心に涙の海があるのならば、おまえさんも誰かと繋がることができるだろう」

でも・・それだけ言って終わりでしたが・・・(笑)

謎だ・・・




あ~!エレン、ビートがかわいいです!!

ネガトーンの攻撃を受けそうになる前の
「ふぅ」とした顔・・・

メロディとリズムが助けに入ってきた後の
喜びの表情とか・・・

今回は涙をふいに流したり・・・

最後の海で叫ぶシーン・・・

ええわ~。

なんか人間らしいんじゃないかな~。
極端なところはあるのですが、気持ちの揺れ動きが
はっきりしていたという意味で自分の中ではすごく好感が持てるようになってきていますね。


ちなみに・・・
エレンはツンデレ系になるのかな?
とは思っているのですが・・・

これからどういう表情を見せてくれることになるのか・・・
次回予告でもなんか楽しそうだったし・・・

楽しみですっ!!





最近のハミィはミサトさんですよね~。

くそぅ、数回前まではウザかったハミィさんが
だんだんかっこよく映ってしまう(笑)

今回も・・
無言でエレンを見つめるところとか・・・

「セイレーンは何がしたいニャ?」とか・・
セイレーンに真剣に語るところのハミィの台詞なんかは・・・

シンジ君にも言いそうな台詞だったな~って
思ってしまいました(笑)




今回、面白かったところですが・・・

トリオ・ザ・マイナーが
まさかの超級覇王電影弾!(笑)

トリプルマイナーボンバーという技でしたが・・・

うぉ~!!すげぇ~技を出してきた!!!
と思ったら、キュアビートにまったく通用しませんでしたが・・・
スポンサーサイト



セイレーンさんことキュアビートは黒川エレンさんという名前のようですね・・・(アニメ「スイートプリキュア♪」#22「ララー♪魂の調べ、その名はキュアビートニャ!!」感想)

今回は
「スイートプリキュア♪」
の感想を・・・

見たのは
#22「ララー♪魂の調べ、その名はキュアビートニャ!!」ですね。






ハミィを救うために
プリキュアになったセイレーン

ハミィ以外はセイレーンに対して
疑っているようです。

セイレーン自身も・・

自分がこれまで酷いことをしてきたこと
そんな自分がプリキュアになってしまったこと

そういう状況に対して、混乱してしまっています。
(しかも猫に戻ることができなくなってしまいました)

そんなときに
パイプオルガンの調べに引き寄せられ
音吉さんと出会います。

綺麗な音楽を聞くのに資格はない・・と思う
セイレーンに対して音吉さんは・・・

誰もが音楽を楽しむ資格があると
セイレーンに話します。


そして・・・

「誰の心にも音楽がある・・メロディを響かせ、リズムを奏で、ビートを刻む」
「迷い、悩んだ時はお前さんの心のビートに従うといい」

その言葉にセイレーンは戸惑っています。

そこにセイレーンを探していたハミィとばったり出会います。

「これまで酷いしてきたのに・・」というセイレーンに対して
ハミィは今まで同様に彼女と仲良くしようと明るく接します。


そんな時にバスドラ達が現われ
ネガトーンを呼び出し、
更にはハミィが囚われてしまいます。

不幸のメロディを歌うために
マイナーランドへ戻れ!

と言われますが・・・

ハミィをこれ以上悲しませるわけにはいかない

と拒否をするセイレーン・・

そして、光り輝き
キュアビートへと変身します。

キュアビートは
見事にネガトーンを撃破するのですが・・・

それでも
自分が今回のセイレーンは戸惑ったまま
どこかへ消え去ってしまったのでした。





セイレーン編がまだまだ続きますね~。

響がエレンと言って
響はセイレーンからあだ名をつけたのかな?と思っていたら・・・

EDを見ると
セイレーンさんが黒川エレンという名前になっていました。

苗字の「黒川」はどこからくるんでしょうか!?(笑)

ともかく・・
セイレーンは呪縛から解かれたということもあって
かなり素直なええ子になっていますね。


今まで自分がしてきたことに対して・・・
後悔はあるものの・・前を向いているような感じです。

もう誰も不幸にしたくない
大切な友達を守れるように強くなりたい
私の心のビートがそう願っている

とキュアビートは言っていました。

なんとか吹っ切れそうな感じなのですが
素直になりすぎてしまい
変な方向にスイッチが入ってしまっているような感じがしますね~。

たぶん・・・
セイレーンは元々がこういう性格だったのだと思います。
(ハミィはそれがわかっていたからあきらめずに説得を続けたのでしょうが・・・)

ふと・・・
逆襲のシャアでのミライさんの台詞を思い出したのですが・・・

シャアと同じように「純粋すぎる」ゆえに・・
というのがセイレーンだったんだろうな~と
今回のお話を見て感じてしまいました。
(セイレーンはそこをメフィストに漬け込まれてしまったのでしょうね~)

ともかく・・・セイレーンは
今後もハミィの天然の明るさに救われることになるのではないのかな~と
期待しているのですが・・・

それにしても・・・セイレーンとハミィは
やっぱりええコンビのような気がしますね。






一方、キュアビートのほうですが
変身シーンもなかなかいい感じでした。

腕を回すのがすごくいい!!

戦闘も元々が猫だっためか
かなり身軽な感じですね。

敵でこの戦闘力ならば
メロディたちも危なかったでしょうね~。

必殺技も最後の乙女ジャンプが
かわいくてよかったです・・・





ハミィとセイレーンのすごくいいシーンで・・

「耳を澄ませて・・」のところで・・
お腹の虫を見事にならす響さん・・(笑)

それに対して
奏が「お腹のボリュームを下げてよ」

というツッコミにも笑ってしまいました。




あ、CMにプリキュアの映画CMがあったのですが
なんか新キャラっぽい方が一人いましたね・・・

彼女は5人目の新しいプリキュアなのでしょうか?
髪の毛の色がね・・・「誰かさん」に似ていたような気がします・・・(笑)

ちなみに・・今回のお話でもその「誰かさん」のセイレーンを見る視線がすごかったし・・
まったくしゃべってないのに圧倒的な存在感を放っていたわけですが・・・

彼女はどういう形で今後関ってくるのでしょうかね~?




あと・・・今回のネガトーン・・

「ToLoveる」のシバリ杉を思い出してしまいました(笑)

4人目のプリキュアはセイレーンことキュアビート!(アニメ「スイートプリキュア♪」#21「ドックン!奇跡のプリキュア誕生ニャ!!」感想)

今回は
「スイートプリキュア♪」
の感想を・・・

見たのは
#21「ドックン!奇跡のプリキュア誕生ニャ!!」ですね。




セイレーンに騙されて
音符を全部取られてしまったハミィ

セイレーン達はその音符を使い
不幸のメロディのコンサートを開こうとしています。

そのような状況でも
ハミィはセイレーンを信じようとしています。


そして、
不幸のメロディのコンサートの舞台が
整い、セイレーンが歌姫として歌おうとしています。

セイレーンが裏切る可能性がある保険ということで
ハミィもメフィスト達に捕らえられてしまうのですが・・・

それでもハミィは最後まで
「セイレーンとは親友」と言います。

その想いが届いたのか・・
セイレーンは不幸のメロディを歌うことができません。

その場にいたメフィストは
ハミィを操り、不幸のメロディを歌わせようとしますが・・

ハミィのことを無意識に思った
セイレーンが伝説の楽譜にある音符を解き放ちます。

メフィストがその音符を操りネガトーンになります。

響と奏はプリキュアに変身をして戦うのですが
今回の敵は力強く苦戦をしてしまいます。

ですが、あきらめない気持ちを持つ二人は
なんとかネガトーンを倒すことができました。

ネガトーンとの戦闘の途中・・・
ハミィもメフィストから狙われて・・・

その時、
セイレーンがハミィを救おうと
プリキュアへと変身します。

ハミィを救ったセイレーンは
その場にいたキュアミューズから
「正義のプリキュアとして戦う運命なんだ」
と言われますが・・・

自分自身、状況を理解できないまま
立ち去ってしまったのでした。




今回の主人公は
セイレーンでしたね・・・

そうか~、セイレーンがプリキュアか~。

ミューズ登場のときの疑惑が
違う形で本当になってしまった・・・

という感じですね。

新しいプリキュアの名前は
キュアビートということのようです。

セイレーンの人間バージョンはかわいいので
プリキュア・・キュアビートもいい感じですよね。

次回予告を見ると
次回もセイレーン中心・・キュアビートのお話のようです。

変身シーンにちょっと期待しています。

そして・・
素直になれないセイレーンが
いかにして、プリキュアとしての戦いに参加するのか・・
という感じになるのかな?

たぶん・・ハミィのお気楽さに
救われることになるんじゃないかな~とは思いますが・・(笑)




前回からの引き続きですが
ハミィのセイレーンへの想いというのが
奇跡を起こしてしまったという感じですよね~。

この状況下になっても言い切れるのが
まったくもって、すごいというか・・

特にセイレーンとの会話で・・

不幸のメロディをセイレーンが歌ってもかわまない。
世界が悲しみに包まれても、かまわない。
そうなってもセイレーンはハミィと一緒に泣いてくれる。
だから全然、大丈夫。

と言っていたハミィさん・・
かっこよすぎでした・・




セイレーンに注目が浴びていましたが
この状況下でシラっと響達の側にいた
音吉さんこそ・・・もっとも謎ですよね・・・(笑)


また・・・
今回、響達が初めてアフロディテ様と会話をしていたのですが
緊張した様子がとてもかわいらしい感じでしたね。

Appendix

プロフィール

にもたころ

Author:にもたころ
私の性格は・・ほぼ「こなた」?

アニメや二次元は
私の活力源です!!

このblogでは、主に・・

・アニメの感想
・漫画の感想
・ゲームの感想
・動画の感想
・テレビ番組の感想
・歴史について

・・・など

自分の思ったことを中心に
書いています。

最近はツイッターでの
更新が多くなっています。
(さぼり気味・・)

文章が下手なので
他の方には伝わらない部分も
多いと思います。

それでも・・
blogを見て、少しでも
楽しんでいただけたら幸いです!
m(_ _)m

当blogは
リンクフリーです。

コメント、なんでも大歓迎で~す。


相互リンクも大募集です!
一応、バナーもあります、詳しくは・・・
↓↓↓
こちらのページ

最新記事

リンク(バナー)

もえくり

かわいい女の子クリーチャーが出てくる フリーゲームのシュミレーションRPG!  奥が深く、やり応えがあります!!

カテゴリー

Web拍手

かわいいので置いてみました。

FC2カウンター

アニメのバナー

アニメのバナーです!
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 桐乃ちゃんかわいいです 「まおゆう魔王勇者」TVアニメ公式サイト 魔王かわいい・・・

ゲームのバナー

ゲームのバナーです
「千里朱音」ちゃんです

新キャスターさん萌えます!

月別アーカイブ

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

ブログランキング

ポチっと、応援していただければ嬉しいです!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ翻訳

Amazon広告

etc

面白そうなので置いてみました

ユーザータグ

大鳥圭介 水樹奈々 馬謖 相沢千鶴 慚愧 魔法少女リリカルなのは 天条院沙姫 南千秋 石動美緒 高坂佳乃 諸葛謹 張飛 藍澤光 クレオ=ブランド 永倉新八 今川ヨシモト 黄蓋 小喬 榎本武揚 クゥ・オルラ 劉曼 孔明リ・ガズィ 斎藤一 魯粛 新田晴子 ハミィ 高坂桐乃 西島和音 けいおん! 樊氏 結野嵐子 池田彩 厳顔 雪村千鶴 司馬懿 御門 キュアマリン 織姫 高町なのは 葉山辰吉 及川氷麗 古手川結 梨子 キファ・ノールズ ミルク・カラード 鳥居夏実 呂布 南夏奈 シフォン 坂上智代 サテライザー=エル=ブリジット 田村麻奈実 タマ姉 周姫 沙織・バジーナ お靜 凰鈴音 ガネッサ 曹操 魏延 オカモト・ミドリ シナダ・ベニオ 馬超 アーニャ・ヘルシング 玉錦 暁美ほむら 千里朱音 坂本龍馬 韓遂 スヌーピー 南雲薫 男の娘 斎藤渚 アーネット=マックミルラン 中川かのん 上杉景勝 明堂院いつき 工藤真由 キュアフラワー 南野奏 諸葛亮 けいおん!! ルン 西郷隆盛 夏候連 ToHeart2 エルシィ 相沢栄子 山南敬助 孔明 カン沢 向坂環 来海えりか 芳乃さくら ナナ ルキア 九条凛 日向秋 ラナ=リンチェン 千羽様 斉藤一 バッファローベル リューネ・ゾルダーク 桂小五郎 キュアサンシャイン 唯野嵐子 北高 上杉景虎 涼宮ハルヒ フェリス・エリス 姜維 徳島 劉備 日向夏美 天宮りずむ キュアブロッサム 高杉晋作 イングリッド=バーンシュタイン インデックス サテライザー キュアビート 西連寺秋穂 ホウ統 紗倉清美 ファイナルファンタジー 不知火匡 アゲマキ・ワコ 蔡瑁 郭嘉 周瑜 上杉謙信 藍沢光 顔良 イカ娘 有田しおん 周喩 間宮由美 雪洞・鬼灯 孫権 フリージング キュアリズム ヴィンス・ガラルディ 神無月ミヤビ ドラゴンクエスト 神崎そなた 夕崎梨子 花咲つぼみ 真田雪村 チャーリー・ブラウン ティシー セリーヌ 土方歳三 古手梨花 フィギュア 沖田総司 ダークプリキュア シンディー 張遼 鷲宮神社 キュアムーンライト 木戸孝允 豊郷 高原歩美 エナ・アストー 霧崎恭子 原田左之助 袁紹 ライナス&ルーシー 籾岡里紗 お静 徐庶 サソリーナ ハートキャッチプリキュア! 西王母桃 西連寺春奈 夏候惇 神戸 北条響 美柑 偽イカ娘 桂木麻里 ガネッサ=ローランド 西連寺春菜 薄蛍 黒猫 とがめ ララ 田村ゆかり 南冬馬 キュアメロディ らき☆すた 松平容保 関羽 イリス・エリス 黒川エレン 結城美柑 孫小香 金色の闇 藤堂平助 蒋幹 趙雲 ミラン・フロワード 超級覇王電影弾 モモ 近藤勇 汐宮栞 長月早苗 セイレーン 文醜 月影ゆり 新選組 呂蒙 張松 飛鳥空 青山美生 涼子 張允 産業振興 原田佐之助 ニチ・ケイト 古手川唯 風間千景